埋没毛ができやすくなる原因と電動シェーバーによる埋没毛の処理の方法について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
皮膚の中に毛が残る状態となる埋没毛は、誤った自己処理だけでなく肌や毛穴に与えるダメージも影響します。

理由は、毛抜きや脱毛テープによる自己処理は毛を抜くだけでなく、肌を引っ張るので肌と毛穴を大きく傷つけることになるからです。

また、剃刀による自己処理は剃る前にクリームやローションを使って保湿することで、肌や毛穴に与えるダメージを減らすことができます。

けれども、毛抜きや脱毛テープといった毛を抜く自己処理は、肌を保湿しても肌を引っ張ることになるので、肌を痛めやすくなります。

よって、埋没毛にならずに自己処理で無駄毛を処理する場合は、毛を抜かずに剃るのがポイントとなります。

とはいえ、毛を剃る場合は肌を保湿してから剃ることを徹底しないと、結果的に埋没毛に悩まされることになります。

その上、剃った後に保湿しないと肌が乾燥した状態になるので、埋没毛が悪化することになります。

そのため、無駄毛と埋没毛を自己処理で同時に処理する際は、剃刀でなく電動シェーバーを使うのがお勧めとなります。

電動シェーバーの利点

電動シェーバーは、剃刀と違って刃が直接肌に触れることがないだけでなく、綺麗に無駄毛を剃ることができます。

けれども、電動シェーバーであっても肌にダメージを与えるので、肌を保湿してから剃るのが埋没毛を処理するのに重要となります。

さらに、肌を保湿することで埋没毛が悪化するのを防ぐことができるので、毛嚢炎や色素沈着になるリスクを減らすことが可能となります。

そして、電動シェーバーで自己処理した後に保湿を徹底することで、肌の乾燥による肌荒れを予防することにも繋がります。