自分で脱毛する

ワックスを使って脱毛する

ワックス脱毛の特徴

wax3脱毛部位にワックスを塗り、一気に剥がします。
痛みは強いですが、一気に毛が抜け、毛の濃い部分ですとだいたい1〜2週間後にまた毛が生えてきます。

ワックス脱毛のメリット

気になっている部分の毛を一気になくすことができます。
夏の気になる時期など、医療や光などの脱毛が間に合わなかった際にワックス脱毛を利用すればいい気に毛がなくなったように見えます。
医療や光と違い、そんなに長い期間開けてから施術する必要がなく、さっと終わってしまうところも魅力です。
また、肌の古い角質も一緒に剥がしてくれますし、毛根から抜いてくれるので、お肌がきれいになったように見えます。
その都度払いのサロンも多いので、ローンを組んだり、一括で大きな金額を支払ったりする不安もありません。

ワックス脱毛のデメリット

一気に毛がなくなりますが、一気に剥がす分かなりの痛みがあります。
また、肌の古い角質も一気に剥がしますが、肌が弱い方ですと少し痛めていしまう場合もあるかと思います。
施術のたびに少しづつ毛が薄くなるといわれていますが、医療や光の脱毛に比べると効果は薄く感じます。
また、他の脱毛と併用している場合には、毛根から抜いてしまうので、効果が出にくくなってしまうというデメリットもあります。
ワックス以外の脱毛を行っている方ですと、季節限定等、利用する頻度が限定されてしまう可能性もあります。
全身の脱毛を行うと、他の脱毛よりも料金が高くなってしまう可能性もあります。

神戸脱毛ランキングなびTOPヘ

毛抜きを使って脱毛する

毛抜き脱毛の特徴

kenuki3毛抜き脱毛というのは毛抜き専用のピンセットが売られているのでそれを使用して一本一本抜いていくのが特徴です。毛根から抜くのでカミソリなどと比較して抜いた後にしばらくムダ毛が生えてこないということが出来ます。

毛抜きで脱毛するメリット

ピンセットがあれば、場所や時間を選ばずに脱毛を行うことが出来ますし、ピンセットは数百円くらいで売っています。そして1度購入したら長く使うことが出来るので非常にリーズナブルだと言えます。また毛根から抜くので1週間から2週間に一度のペースでよく、脱毛を行う頻度が低いことがメリットだと言えます。

毛抜きで脱毛するデメリット

毛抜きを使用して自己処理を行う場合の最大のデメリットは時間がかかり過ぎるという点です。ムダ毛を一本一本抜いていくので非常に根気がいる作業だということが出来ます。広い範囲を脱毛するには毛抜きは向きませんし、手の届かないパーツは脱毛を行うことが出来ないのもデメリットです。

さらに毛抜きでの脱毛は肌トラブルを起しやすく、無理に毛を抜くことで毛穴が開いてしまったり、毛根がきちんと抜けないで途中で切れてしまうと埋没毛といった肌トラブルが起こります。また毛抜きで処理した後にきちんと保湿を行っていても炎症を起すこともありますし、ピンセットを使用した毛抜きは痛みを伴なうのでデリケートゾーンなどの処理には適していないということが出来ます。

神戸脱毛ランキングなびTOPヘ

カミソリを使って脱毛する

カミソリ脱毛の特徴

kamisoriカミソリは手軽に手に入れることができるアイテムで、どなたでもチャレンジしやすい脱毛方法です。
痛みもなく処理ができ、皮膚を傷つけないよう工夫して作られた安全カミソリも多く販売されているので、安心して使用できます。
カミソリの使い方は、乾いた肌に直接使用せず、泡立てた石けんやシェービングフォームなどを塗ってから、毛の流れにそって動かすようにしましょう。
処理後は乳液やクリームなどで保護することも大切です。

カミソリで脱毛するメリット

カミソリの脱毛は、ドラッグストアやコンビニなどどこでも手に入り、リーズナブルで、いつでも気になった時に出来るという手軽さが最大のメリットです。
毛抜きの脱毛のより痛みも少なく、時間もかかりません。除毛クリームは使用NGな、顔やデリケートゾーンの脱毛をすることもできます。また一度に広範囲を一気に処理することができます。

カミソリで脱毛するデメリット

表面に出ている部分のムダ毛をカットしているだけなので、すぐに毛が生えてきてしまい、頻繁にお手入れする必要があること、生えてきた毛の毛先が太く濃くなってしまうことがデメリットとしてあげられます。
また頻繁にお手入れすることで肌に負担がかかり、乾燥したり肌荒れ、カミソリ負けなどの肌トラブルを起こしてしまうことがあります。
また広範囲を処理しやすい反面、細かい部分の処理がしにくく剃り残しが出やすいという点もあげられます。

神戸脱毛ランキングなびTOPヘ

除毛クリームを使って脱毛する

除毛クリーム脱毛を使った脱毛の特徴

jomo除毛クリームはムダ毛を溶かして処理する脱毛方法です。
クリームを気になる部分にヘラなどで均一に塗り、一定時間をおいて拭き取るか洗い流します。毛を抜いたり剃ったりするよりもキレイに脱毛できるので、剛毛に悩む女性や、最近は男性からの需要も高まっているようです。

除毛クリームで脱毛するメリット

ムダ毛が気になったらいつでも処理することができ、特別な道具もいらず、費用もクリームだけなのでとてもリーズナブルです。
クリームを塗るだけなので痛みもありませんし、カミソリで剃った時のようにその後生えてきた毛の毛先がチクチクしたり濃くなったりすることもありません。また出血したり、傷が出来たりというトラブルも回避できます。また除毛クリームは、背中など毛抜きやカミソリでは手の届きづらい部分の脱毛も可能です。

除毛クリームで脱毛するデメリット

表面の毛を溶かすだけなので、比較的早めに次の毛が生えてくるため頻繁にお手入れが必要です。
またカミソリの脱毛に比べると、事前パッチテストや、クリームを塗った後の放置時間、洗い流す時間などが発生するため、少し手間がかかります。
また除毛クリームには毛を溶かすアルカリ性の薬剤が入っているため、肌に負担がかかります。敏感肌などの肌の弱い方は肌トラブルを起こす可能性があります。
最近では肌に優しい製品も発売されていますが、価格は高めのものが多いようです。

神戸脱毛ランキングなびTOPヘ

家庭用脱毛機を使って脱毛する

家庭用脱毛器を使った脱毛

 
katei家庭用脱毛器にはいくつかの種類があり、代表的なものは、レーザー方式、フラッシュ方式、サーミコン方式の3種類です。レーザー方式の特徴は、古くからあるタイプレーザーの脱毛は黒い色素の反応して熱を加え、毛に与えた熱が毛と繋がっている毛乳頭に熱を加え、毛細細胞の中で一番脱毛効果が高いですが、一番痛みが強いのもレーザー方式です。

フラッシュ方式は、黒い色素に反応する光を肌にあて、毛乳頭にダメージを与えるのはレーザー脱ト同じですが、フラッシュ方式ではインンスパルスライスというレーザーとは違う光が使われています。フラッシュ方式は、お肌の表面温度を上げることなく、毛根部分だけダメージを集中させられます。レーザー方式に比べると痛みの感じ方は弱く、確実にキレイに脱毛することができます。

サーシコン方式は、熱線(サーミコン)によって生み出される熱エネルギーがムダ毛に伝わってムダ毛の接触部分がカットされることで処理されます。サーミコン方式は、脱毛器というよりは除毛器と考えた方が良く、比較的安価でコンパクトで操作が簡単なことが特徴です。

家庭用脱毛器を使った脱毛のメリット

家庭用脱毛器のメリットは、脱毛エステや脱毛クリニックに比べ格段に脱毛費用が安く、脱毛エステや脱毛クリニックは予約が必要になりますが、家庭用脱毛器は、毛周期を考えて、3週間〜4週間ごとに自分の好きなタイミングで脱毛する事ができますから、脱毛エステよりも早く終わらせることが出来ます。

家庭用脱毛器だと、自分の気になる部位や脱毛したい部位を好きなだけ脱毛する事ができるので、 臨機応変に対応できます。 また本当に良い脱毛器を使えば、自分で出力を調整しながら、自分のペースで脱毛できますので、脱毛エステに比べ早く綺麗に脱毛する事が出来ます。

家庭用脱毛器を使った脱毛のデメリット

家庭用脱毛器のデメリットは、家庭用脱毛器は自分で脱毛するので、 手の届かない背中の脱毛をすることは出来ません。うなじやOラインは、脱毛しにくい面があります。また家庭用脱毛器や脱毛エステでは、脱毛クリニックの高出力の脱毛器は取り扱えないので、 脱毛クリニックに比べ、脱毛にムラができ時間がかかる場合があります。

神戸脱毛ランキングなびTOPヘ