脱毛コラム

脱毛サロンで執拗な勧誘を受けても断る方法を知っておけば大丈夫

脱毛サロンの勧誘を断るには

勧誘を断る女性
脱毛サロンなど気になってはいても、なかなか足を運ぶことが出来ないという方も少なくはありません。執拗な勧誘にあって多額のお金を支払わされるのではないだろうか、などと頭をよぎる方もいるのではないでしょうか。確かに向こうもお客さんを増やさないと収益が出ませんから、ノルマがある場合などもスタッフの方はどうにかお客さんを取り込もうとされます。最近ではこの勧誘も少なくはなってきましたが、ゼロではありません。おためしのつもりで行ったのに、契約書にサインをしてしまったなどといったことにならないように、断り方を知っておくことが大切です。

自分の一存では決めることが出来ないと押し通すことが有効

エステなどの勧誘に対して、もっとも効果的な断り方は自分の一存では決めることが出来ないと押し通すことです。お金の管理は旦那がしているから、少額でも旦那の許可を得ないと行えないということを強調しましょう。そうすると、いくら勧誘しても決めてもらえないなと感じて諦めるしかなくなります。仮に結婚していない場合でも、彼氏と同棲するためにお金を貯めているからまずは彼氏に相談しないと怒られます、彼と相談してからでないと二人のお金を使うことになるので、などと告げるのがおすすめです。きっぱりと断るのが苦手だという人は、続けるのであれば彼と相談してから決めますという断り方がもっとも角がたたない断り方であると言えます。

産後に起こり得る体毛の変化

産後のムダ毛処理

産後の女性
妊娠初期からホルモンバランスが変わって、体毛が濃くなってきたという事例は見られます。男性ホルモンが増えてきたという背景が関係し、結果として黒くて太い毛が目立つことになります。そのため産後に注意しておきたい点としては、心身共に安定した環境となれば本格的な脱毛を行うという点です。施術前のガイダンスで妊婦であったことを伝えれば、レーザー照射をより丁寧に実行してくれ、安心して最後まで施術を受けることが可能です。

約1年はクリニックへ通い続けることが基本

規則正しい日常生活を取り戻しながら、女性ホルモンを正常値にする行動も脱毛時には大切です。女性ホルモンが急激に減少した時期に剛毛になるケースがあるため、徐々にからだのバランスを平均的な数値にすることが必要だからです。さらに性毛と呼ばれるところの濃さでホルモンの量がある程度判明でき、脱毛でもこの部分をきれいにする時間が最もかかります。赤ちゃんを育てながら、女性らしい美しさをキープするには、産後の体調における変化をしっかり把握することが大事です。

脱毛を無事に終了させるには、約1年はクリニックへ通い続けることが基本となります。全身脱毛のプランを申し込んでいる方は、もう少し長い期間通うことになるため、夏にノースリーブやワンピースが着られる楽しみを思い浮かべながら継続することが重要です。

ワキガは脱毛で改善できる

ワキガが気になる女性
ワキガで悩んでいる人は少なくはないと言えます。ワキガは自分では気がつきにくいのですが、脱いだあとの洋服の脇部分から異臭を放っていたり、周囲から指摘されて気がつくということもあり得ます。

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガを改善するためには手術しかないと考えている方も多いのですが、実はワキガは脱毛によって改善されるケースも少なくはありません。ワキガの原因は菌の繁殖です。そのため、脱毛をすることによって菌が繁殖することができる場所をなくし、菌の増殖を抑えるため、ワキガが改善されたといったかたが多いとされています。しかし、最近では脱毛によってワキガになってしまったという方もなかにはいます。脱毛をすることによって、ワキガとなるケースには確かにあります。

脱毛の種類

脱毛には何種類もの方法があり、そのなかでワキガになりやすいとされているのが自己です。自己脱毛の場合、剃刀や市販の器具にて自己ケアをしており、脱毛後のケアが怠りがちです。また、素人が行うと皮膚に傷が入ってしまい、その傷の部分から菌が増殖をしてしまうため、脱毛によってワキガとなってしまうケースも多いのです。ワキガを改善するためには菌の増殖を抑えることが大切です。もしもワキガに悩んでいるのであれば、自己脱毛を止めて、プロによって脱毛を行ってみてはいかがでしょうか。

埋没毛ができやすくなる原因と電動シェーバーによる埋没毛の処理の方法について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
皮膚の中に毛が残る状態となる埋没毛は、誤った自己処理だけでなく肌や毛穴に与えるダメージも影響します。

理由は、毛抜きや脱毛テープによる自己処理は毛を抜くだけでなく、肌を引っ張るので肌と毛穴を大きく傷つけることになるからです。

また、剃刀による自己処理は剃る前にクリームやローションを使って保湿することで、肌や毛穴に与えるダメージを減らすことができます。

けれども、毛抜きや脱毛テープといった毛を抜く自己処理は、肌を保湿しても肌を引っ張ることになるので、肌を痛めやすくなります。

よって、埋没毛にならずに自己処理で無駄毛を処理する場合は、毛を抜かずに剃るのがポイントとなります。

とはいえ、毛を剃る場合は肌を保湿してから剃ることを徹底しないと、結果的に埋没毛に悩まされることになります。

その上、剃った後に保湿しないと肌が乾燥した状態になるので、埋没毛が悪化することになります。

そのため、無駄毛と埋没毛を自己処理で同時に処理する際は、剃刀でなく電動シェーバーを使うのがお勧めとなります。

電動シェーバーの利点

電動シェーバーは、剃刀と違って刃が直接肌に触れることがないだけでなく、綺麗に無駄毛を剃ることができます。

けれども、電動シェーバーであっても肌にダメージを与えるので、肌を保湿してから剃るのが埋没毛を処理するのに重要となります。

さらに、肌を保湿することで埋没毛が悪化するのを防ぐことができるので、毛嚢炎や色素沈着になるリスクを減らすことが可能となります。

そして、電動シェーバーで自己処理した後に保湿を徹底することで、肌の乾燥による肌荒れを予防することにも繋がります。

アンダーヘアの脱毛は電気シェーバーを使うのも良い

電気シェーバーを使いながらアンダーヘアの脱毛をしていく

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛をするときには電気シェーバーを使うという方法もあるので知っておきましょう。

電気シェーバーというのは、男性が使うというイメージかもしれませんが、女性のアンダーヘアの脱毛にも使えるので知っておくと良いのです。

電気シェーバーを使ってアンダーヘアの脱毛を剃るメリットとしては、結構手軽に広範囲を脱毛することができ、かつ肌に直接シェーバーの刃が当たらないので、肌に優しいという点が挙げられます。

電気シェーバーについて

この2つのメリットはかなり大きいと言えると思いますし、電気シェーバーは1度買うと、ずっと使えますから便利です。

そして、アンダーヘアの脱毛をするときにも使えますけど、それ以外の部位を脱毛するときにも使えるので、結構便利に感じることも多いのではないか?と思うのです。

電気シェーバーは電動で動いて毛を剃ることができますから、かなり手軽に使えるのではないか?と思いますし、手間がかからないというのは多くの女性にとっても評価できる部分になると思います。

電気シェーバーはいろいろな種類がありますし、製品の数も多いので選ぶときには自分の使いやすいものを見つけて、それを使ってほしいと思うのですが、電気シェーバーを使いながらアンダーヘアの脱毛をしていくというのは1つおすすめの手段として頭に入れておくと良いと思います。